ペニスを大きくする方法・様々

ペニスを大きくする方法として、現在様々な手段・道具・方法が考え出されています。

 

増大手術

真っ先に思い付くのが増大手術ではないでしょうか?泌尿器科や形成外科などで、「長茎術」という手術によって、ペニスを長くすることができます、勃起時には影響なく、通常時の長さだけが伸びるだけの場合もあるようです。費用は高額で30万円以上することもあるため、ある程度の覚悟は必要です。

 

 

 

ペニス増大サプリメント

広告には3日や5日で何センチと書いてある事が多いですが、そこまで大きくすることは人体の構造上できないでしょう。ハッキリ言って増大率としては「手術」にはかなわないかもしれません。ですが、安価に済ませられることや、 L-シトルリンを含有した効果的で顕著なサプリメントが開発されてきたことにより、現在ではペニス増大方法としてはもっとも一般的だと言えます。

 

 

 

ペニス増大サプリは、L-シトルリン中心の「第2世代」、総合成分型の「第3世代」へ
⇒ペニス増大サプリが発売された当初くは、マカやスッポン、マムシ、朝鮮人参などの成分により、ただ単純に海綿体の血流量を増やしてペニスを大きくさせていました。その後有効成分の研究が進んだことにより、より明確な増大効果が期待できる商品が出てきました(第2世代サプリ)。成分的には特に「L-シトルリン」が注目・研究され、服用時の効果が話題となりヒット商品も数多く登場していますが、現在は更に『L-トリプトファン』などの成長ホルモンの分泌を促す(第3世代サプリ)が主流になりつつあります。

 

 

ペニス増大器具

効果に関しては、いろいろな意見があり、体験者によっても異なりますが、ポンプタイプでペニスを引っ張って大きくする器具が最も効果的だ管理人は考えます。他にもペニスを上下2つのローラーにはさみ、伸ばす器具から、亀頭の先に器具を取り付けて常に伸ばし続けるもの、あるいは、バキュームポンプで引っ張るものまで様々です。

 

 

チントレ

ペニス増大マッサージ、いわゆるチ ントレには、いろいろな方法が存在します。代表的なものには、ミルキング、ジェルキング、PC筋トレーニングなどが挙げられます。仕組みとしては、マッサージによる血流の向上で、ペニスサイズを伸ばそうというものです。詳しくは別ページで紹介しますが、それを毎日行うことによって、ペニスサイズを大きくするというトレーニングです。ちなみにチントレは筋トレより楽なのでその点はご安心を。