ゼファルリンとヴィトックスαは駄目なのか?

3年以上もの間、最も頼ったのがゼファルリン、その次がヴィトックスαでした。この2つを使用した結果、マックス7センチにも満たなかった私、チンイチのペニスは3年半でどんどん成長してくれました。

 

ちなみにこの2つ、すごく人気あったんですね。

 

ゼファルリン

タブレットとカプセルの2タイプで、シトルリントリプトファンという組み合わせをいち早く確立させた日本製のサプリです。体験者の写真も少なくないため、その点は安心感があります。

 

 

ヴィトックスα

飲むのは1日カプセルたった1粒だけですが、シトルリン中心型のサプリで1粒350mgとやや大きめで、本場アメリカで18週連続で売り上げ1位を獲得し続け、日本でも人気を博したサプリです。このサプリも体験者の写真は比較的多く見受けられますが、現在は販売が終了し、「ヴィトックスαエキストラエディション」となってバージョンアップして日本にも帰って来ています。

 

 

ゼファルリン、ヴィトックスαを選んだ時は懸念ポイントは無かったんですね。実績があるサプリだったわけです。確かに、どちらも売れているだけあって悪くはなかったです。ですが今となっては新しいサプリとは少し言い難いです。少しだけ古いサプリになってしまった感は否めません。確かに古くから人気のあるサプリも悪くはありませんが、医薬品同様、サプリも時間と共に進化します。

 

増大サプリがどれだけ進化しているのか、気になるところであります。